オリックス銀行カードローンの解約手続き方法

オリックス銀行のカードローンは普通預金口座開設が不要なため利用する側にとっては簡単にできるメリットがあります。必要に迫られた時などは便利ではないでしょうか。しかし、使わなくなった場合には早めに契約解除の手続きを取ったほうが賢明です。全額返済が終わっても、本人がその手続きをしない限り、契約は一定の期間で更新されて、続いているからです。オリックス銀行カードローンの契約の場合は1年ごとに更新されます。そして信用情報にどこの「銀行カードで、いくら貸せる枠が今もあります」という情報が残っています。そしてそれはすぐに解除しても5年間は消されず過去の返済情報、滞納状況など貸金業者が閲覧できるようになっています。ローンの契約が残っていると将来住宅購入などでローンを組む必要が出てきたときや、新しくクレジットカードやローンを利用するときなどに、不利な要素になることがあるため気をつけなくてはいけません。オリックス銀行の解約の手続きですが、まずオリックス銀行へ電話をしてその旨を申し出ます。すると解約用の書類が送られてきますから、必要事項を記入して、署名捺印して返送します。そして大切なことは、契約書を返却してもらうことです。これも申し出ないと返してもらえないことがあるためきちんと手続きしましょう。また、確かに契約を取りやめたことを証明することが必要な場合は、解約証明書もとっておくと後々役立つかもしれません。カードローンの契約の解除はあくまでローンを使わないという場合には必要ですが、これからも必要があると思う時は残しておくことがよい場合もありますので、メリットデメリットを考えて手続きすることが大切です。